がん治療最前線:情報を制する者はがんを制する

【PR】
当サイトでは、アフィリエイト広告を利用して、商品やサービスを紹介しています。
【PR】
当サイトでは、アフィリエイト広告を利用して、商品やサービスを紹介しています。
病院B級ニュース

がん三大治療

がんの治療と言えば、どんな治療を思い浮かべますか?

手術、放射線、抗がん剤治療。こんなところでしょうか。この3つを三大治療と言います。

あなたががんになったとして、病院に行ってまず進められるのは、この三大治療です。

他の治療を勧められることは、まあありません。何故だかわかりますか?

それは、健康保険で治療する場合、お医者さんにはマニュアルが決められているからです。

こういう病気になったら、こういう治療をしなさいというマニュアルがあらかじめ決められているおかげで、A病院に行った時と、B病院に行った時にまったく違う治療をされる、なんてことがないようになっています。これはこれで便利ですね。

しかし、弊害もあります。健康保険が適用されていないけど、とてもその病気に効く治療法や薬があったりするからです。

でも、その治療法や薬を、こちらから何も言わないのに、お医者さんから勧められることはほとんどありません。

健康保険の範囲にはないけど、とてもあなたの病状に合った治療法があったとして、それを使いたい場合は、自由診療と言って、健康保険を全く使わない治療に切り替えなければなりません。

自由診療とは

自由診療とは、健康保険の枠組みを離れ、患者と医師との間の自由契約で治療をすることです。

健康保険の枠組みを離れるので、先にお話ししたマニュアル通りの治療をしなくてもいいです。

もっと効く治療方法があれば、積極的にその治療法を行えます。

お値段も自由です。健康保険を使いませんので、もちろん保険証は要りません。

全額自己負担どころか、お医者さん側が勝手に値段を決めていいことになっています。

正直、いくらかかるか怖いところです。自分でゆうゆうとお金が支払える人は、富裕層に限られるでしょう。

外国はまさにこんな感じのところが多いので、日本の時代劇よろしく、簡単に医者にはかかれないのです。

混合診療は禁止

自由診療で、とてもよく効く治療法があったとして、それを使いたいとしましょう。

でも、普通の健康保険の治療でも済むところは、保険を使いたいですよね?

このように、健康保険と自由診療を合わせ技で使うことを、混合診療といい、日本では禁止されています。

途中で自由診療に切り替えた場合は、最初の初診料からさかのぼって、すべて自己負担に切り替わります。

理不尽だなと思いますが、現在はこのような決まりになっているのです。

最新のがん保険には、がん治療のための自由診療の治療費が出るようになっているものが出てきています。

ご加入のがん保険を見直してみるといいですね!

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

国内最大級の保険比較・相談サイト【保険コネクト】

例外1:先進医療

混合診療(健康保険+自由診療)は禁止されていると言いましたが、2つ例外があります。

まずは先進医療。健康保険に適用になるかどうか、国が治験をしている段階の治療法です。

この治療法に参加する時は、治験に自分の病状が当てはまっている必要があります。

その条件をクリアしていれば、実費で治験に参加することが出来ます。

普通の治験と違って、先進医療の場合は大金がかかります。

がん治療で多い重粒子線治療などは300万円程度の先払いになります。

この場合は、先進医療部分が自己負担ですが、それ以外の健康保険適用の治療は健康保険をそのまま使わせてくれます。

厳密にいえば混合診療になりますが、先進医療は例外です。

この先進医療も多くのがん保険や医療保険で実費が払われる特約がありますから、要チェック!

例外2:患者申出療養

患者申出療養は、国が決めた範囲の自由診療と健康保険を使った保険診療を同時に使わせてくれるもので、混合診療の一部解禁と言えるものです。

それはありがたいんですが、ひとつ問題があります。

わかりますか? ”患者申出”療養ですから、自分からこの治療がしたいと申し出なければならないんです!

お医者さんが「こんな治療あるけどどう?」と言ってくれるならまだわかります。

ど素人の患者本人が、わかりますか? アメリカでこんな治療法があるらしいけど、これ使える?なんて言えますか?

普通はムリです。どう考えても。

まあ、がんなんて怖い病気になったら、必死でネット検索するかもしれません。

それでも、ネットは様々な情報がごった煮の世界で、本当のことも嘘もちりばめられています。

短時間で有効な情報を、パッと出してくるのは、難易度が高いと言わざるを得ません。

なんで患者申出なんでしょうね。

もしかすると、お医者さんが、高い治療を押し付けたらいけないとかいう倫理から来ているのかもしれません。

こうなってくると、「がん情報の専門家」の知恵を借りる方が得策かもしれません。

がん治療情報の専門家

ここで、ひとつ会社を紹介します。

株式会社M&Fパートナーズという会社です。

紹介料ももらってないのに勝手に紹介するのですが、こちらはがん治療情報においては、日本で一番のレベルじゃないかと思いますよ。

実はこの会社のセミナーを受けて感動したからお伝えするんですけどね。

事例:顔面のがんになってしまった男性

セミナーでお聞きしたお話です。

その男性は顔面のがんになりました。

鼻の横に空洞があるのですが、そこががん細胞で侵されてしまいました。

おかしいと思った段階で病院にかけつけたのですが、最初に医師から言われた言葉は衝撃的なものでした。

生きることを優先しますか? 何があっても生き延びたいですか?

それとも、命は短くても、生活を優先しますか?

顔面のがんになった男性の体験談

どういうことかと言いますと、最初にお話しした「三大治療」のマニュアルに従うと、この男性の治療は「手術」適用。

どんな手術だと思いますか?

顔面切除です。

鼻も口も切り取って、顔面に大きな穴が開きます。

二度と匂いを嗅ぐことも、話すこともできません。

そのような状態で生き延びることが出来たとして、この男性に希望はあるでしょうか?

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

この男性はあきらめませんでした。

他に方法があるはずだと思ったのです。

そして、調べてたどり着いたのが、ご紹介した株式会社M&Fパートナーズでした。

こちらのサービスで自由診療で別の方法を試すことになり、彼は手術をしないですみました。

鼻も口も切り取らないで済みました。

がんは幸いにも治癒して、元気にされているそうです。

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

あなたならどうしますか?

諦めて顔面切除の手術を受けましたか?

こんながん治療情報に精通している会社があると知っていたら、別の方法を試せるんですよ。

もちろんお金はかかります。お安い会社ではありませんのでね。

口を酸っぱくして言いますが、ちゃんとがん保険には加入しておいてくださいね!

今回のブログのテーマは、”情報を制する者はがんを制する”ですが、先立つお金がないと、戦えませんからね!

がん治療は臓器別から遺伝子別へ

さて、現在の標準診療では、がんの治療は部位別となっています。

肺がん、胃がん、大腸がんというように、がんのできた部位に基づいてお薬が決まるのです。

これに対して、これからの傾向は、遺伝子別の治療にシフトしていくと思われます。

実は、同じ胃がんなのに、決められたお薬がとてもよく効く人と、そうでもない人が出るのは疑問でした。

この理由が最近の研究で分かってきたのです。

がんはどの部位にできているかが問題じゃない。

どの遺伝子に異常が起こって、がんが発生しているのかが問題なのだと。

その異常を起こしている遺伝子に効く薬を使うべきだとわかってきたのです。

それでも、本当にそうなのか、間違いないのか。

これでもかというくらい調べ尽くさなければ、がんの部位別の治療方法は変わりません。

気が遠くなる実験を繰り返し、ようやく変化を認める頃には、今、がんにり患している患者さんは亡くなっていることでしょう。

この新しい遺伝子別の治療を受けたいと思ったら、自由診療か、患者申出療養を使うことになります。

その情報も自分で調べなければなりません。

患者さん自身の力だけでは難しいと思います。

がん遺伝子パネル検査で、患者さんのがん細胞の遺伝子を調べ、異常を起こしている遺伝子を特定します。

そして、その遺伝子に効く薬を探します。

その薬が見つかったら、治療をするのですが、もしも、日本で承認されていない薬だった場合は、自由診療になるだけでなく、薬代も1000万近くかかります。

先進医療では2000万円が上限の保険がほとんどですが、自由診療に対応している保険は、古いものは300万円上限のものなどもありますから、出来たら1億円上限のタイプに切り替えておくことをお勧めします。

このゲノム医療も、現在では標準治療=三大治療(手術、抗がん剤、放射線治療)では間に合わなくなった重篤な患者さんに対応しますが、これだって初期に使ってもいいと思いますね。

まだ転移もしていない、ごく初期なら内視鏡で削り取れますが、開腹手術になると体の負担も大きいですからね。

早く、ゲノム医療が標準治療になって、適切なお薬が、健康保険適用で安く使える日がくることを願ってやみません。

がん検診を受けよう

なにはともあれ、がんは初期発見ができると、助かる確率がぐんと上がります。

お住まいの市町村で行っている、公的ながん検診をぜひ受けましょう。

人間ドックがお好みなら、お金がかかりますが、そちらでも。

もっと簡単な検査も出ましたよ!

自宅で血液を1滴採取して、郵送。結果がアプリでわかるそうです。

↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓

話題沸騰/がん・生活習慣病など【銀座血液検査ラボ/ketsuken】の血液検査サー ビス

まとめ

がんはまず初期発見。そして治療法を選ぶ情報を得ること。これにつきます。

もしも、がんのステージが進んでしまって、お医者様に指示された治療法に納得がいかない場合は、紹介した情報会社を使ってみて下さい。

がんにならないのが一番いいのですが、なんせ2人に1人はがんになる時代。

心づもりはしていても良いと思います。

この話が、いらぬ心配で済むのが一番良いのですけどね。

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

今回も最後で読んでくださってありがとうございます。感謝です!(春香拝)

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました